愛犬のガンの手術費用はどれくらいかかる?


愛犬ががんになったとき、できるだけ最善の治療を施してあげたいと考えるのはどの飼い主にとっても共通の考えでしょう。

 

 

しかし、動物の治療というのは思った以上にお金がかかるものです。ある程度の心積もりとしていくらくらいかかるのかを知りたいことでしょう。

 

 

それでは、犬ががんになったとき、手術の費用の相場とはいくらぐらいなのでしょうか。

 

 

犬のがんの費用は他の治療と同様に動物病院によってかなり異なってくるといえるでしょう。

 

 

ここではその平均の価格を書くいていくこととします。しかし、動物病院によって変わるだけでなく、犬の大きさによっても手術の費用は変わってきます。

 

 

基本的に犬が大きければ大きいほど手術の費用も高くなると考えてよいでしょう。

 

 

小型犬や中型犬であれば、がんを切除する際の手術の費用は5万円から7万円程度といわれています。

 

 

しかし、大型犬になると20万円から30万円ということもあるようです。

 

 

動物病院ではどのような検査を行うのか、どういった状態でどのような手術が必要なのかを説明する義務があると共に、どれくらいの費用がかかってくるかもあらかじめ教えてくれるはずです。

 

 

がんを切除するのにかかってくる費用としては、初診料、検査や手術、そしてそのときに使用した麻酔や抗生物質などの費用、入院代、注射や点滴代などです。

 

 

人間とは違い、がんの摘出手術は小さくとも全身麻酔で行われます。全身麻酔はそれだけで身体への負担が大きいものです。

 

 

特に老犬の場合には手術ではなく薬物療法を勧められる可能性もあります。医師とよく相談し、愛犬にとって一番良い治療を考えてみてください。

 

おすすめのペット保険

愛犬のガン手術費用
   愛犬ケンタに奇跡を起こした PRIO(プライオ)の詳細はこちら