愛犬 がん はなびらたけ

はなびらたけで注目されているβグルカンとは何?

 

βグルカンは、注目されています。そのβグルカンが入っているハナビラタケMH-3は、今話題となっています。

 

 

花びらたけMH-3は、東京薬科大学薬学部で研究されてきました。研究された結果、βグルカンは、健康のために良い成分が多く含まれているという事にたどり着いたのです。

 

 

日本薬学会・癌学会や世界中でも、その成果の評価が認められました。研究の時に今までは注射が当たり前だったのですが、花びらたけMH-3は世界でも効果が経口試験で行う事で証明される事ができたのです。

 

 

花びらたけMH-3のβグルカンが他とは違う理由

 

●アガリクスの6倍ぐらいある

 

●乾燥100gあたりで6倍ぐらい

 

●舞茸の3倍のβ-グルカン含有量

 

●花びらたけMH-3が持っているβ-グルカン(1-3D)の効果が高い

 

●β-グルカン(1-6D)よりも効果が現れた

 

 

このように花びらたけMH-3は、βグルカンも質においても大きな結果を証明する事ができたのです。

 

 

世界で初めて花びらたけを人工栽培されたのが日本です。そして、その人工栽培した菌を使用したのが花びらたけMH-3です。

 

 

花びらたけが癌に良いという事は分かりましたが、花びらたけ自体を知らない方が大勢います。

 

 

花びらたけとは、白色の大きなきのこです。日本で取れる花びらたけは、夏から秋にカラマツやブナの植物に発生するきのこです。

 

 

花びらのような形をしているので花びらたけと呼ばれるようになりました。天然の花びらたけは、昔は取れていたそうですが、日本・中国・韓国でも見られる事がなくなった幻のきのこです。

愛犬,がん,ガン,はなびらたけ
   愛犬ケンタに奇跡を起こした ユーグレナ(みどりむし)の詳細はこちら