ハナビラタケ

花びらたけを家庭でも栽培ができる?

 

花びらたけは、花びらたけ科に属している白くて大きなきのこです。世界中で発見されているにもかかわらず、今では、あまり見つける事ができなくなりました。

 

 

花びらたけの名前の由来は、花びらのような形をしたきのこだったので花びらたけと呼ばれるようになりました。食べてみると歯ごたえがよく味もクセがないので食べやすいです。

 

 

後味も良く旨みも良いと言われています。この花びらたけを奈良県の三輪山で偶然に発見した事から、花びらたけの栽培を研究して栽培に成功をした大和菌学研究所が、「やまと花びらたけ」として商品化をしました。

 

 

この事から、花びらたけの良さを知っている方々が「家庭で花びらたけを栽培してみたい」と思うようになってきています。

 

 

プロの方が、家庭菜園として・インテリアの一部として栽培する事ができればと考えられている状態なのですが、実際に家庭で栽培をするのは難しいです。

 

 

花びらたけの栽培が難しい点が2つあります。

 

■時間がかかりすぎる

 

■高湿度を保つことが大切で形が崩れないようにするこの2つは、プロでも難しいの で、素人ではとても難しい事なのです。

 

 

花びらたけの栽培の特徴は、成長がスローすぎるきのこです。大体、プロが栽培をして6ヶ月〜10ヶ月かかるのです。

 

 

温度も湿度もキープを保たなければいけないので大変です。湿度が高くなればカビができたり虫がついたりします。花びらたけの形を維持するためにも、管理をしっかりしておかなければ形が崩れてしまいます。

 

 

貴重な花びらたけを家庭でも、簡単に栽培できる日を待つしかない状態です。そのためには、プロの方に頑張って研究をしてもらわなければいけません。

ハナビラタケ
   愛犬ケンタに奇跡を起こした ユーグレナ(みどりむし)の詳細はこちら