はなびらたけ

はなびらたけは人間用と犬用の違いがあるのか?

 

[癌について]

 

犬や猫に癌が多い事が言われています。人の寿命がのびると同様に犬や猫の寿命ものびてきています。その結果、人間は80年・犬や猫は20年ぐらいになりました。

 

 

そのため、癌になる確率も増えてきているのです。人間の癌の薬は、開発されてきました。その物質は、マウスやラットといった小動物で抗癌作用試験をします。この抗癌作用試験後、臨床試験を行います。

 

 

医薬品会社や医療機器会社が出資をし、実際に癌になっている犬や猫が臨床試験を受けるのです。結果が良ければ、最終段階に人間が治療を受ける事になります。

 

 

この事から、人間用に開発された癌の薬は、犬や猫にも使用する事が可能なのです。

 

 

しかし、人間は体重が犬や猫よりも重いです。体重の違いだけを注意して服用する事により、癌治療ができるというわけです。

 

 

そこで、ガンに良い効果を与えるはなびらたけパウダーが売られています。人間用と犬用が売られていますが、ハナビラタケ・ベータグルカン専門店さんのはなびらたけパウダーは、人間も犬も犬用で食べる事ができます。

 

 

このはなびらたけパウダーは、もともと人間の健康維持ができるように販売されました。

 

 

ところが、この花びらたけパウダーを愛犬にも食べさせたいという声が上がったのです。しかし、以下のような不安が飼い主にはあったのです。

 

 

愛犬が利用して大丈夫なのかまた、犬の口に合うのか不安に思われていたのです。

 

はなびらたけパウダーの犬用の量は、

 

●小型犬 10g 

 

●中型犬 35g 

 

●大型犬 60g 

 

を目安に食べさせると良いです。

はなびらたけ
   愛犬ケンタに奇跡を起こした ユーグレナ(みどりむし)の詳細はこちら